塾や学校で学んだことを受け流してはいけない

Education

受験をして進学をする

中学受験には塾が有効

中学受験をするには、小学4年生頃からの準備が必要だと言われています。 中学受験には小学校の内申などはあまり影響がなく、受験日のテストや面接などで合否が決まります。 国公立、私立やまた受験中学によって、出題される問題の内容や傾向が異なりますが、共通していえるのは、小学校の授業のレベルよりはるかに難しいということです。 そのため、小学校3年生くらいから塾通いをする子供が多いのです。 中学受験のための塾は、大手塾の場合4年生で3万円台、5年生で4万円台、6年生で5万から6万円すると考えていいでしょう。 6年生になると、毎月の塾の費用のほかに、特別授業や受験校別対策、勉強合宿など、さらに高額な費用がかかります。

私中学や国公立中学の特長

しかし、これだけの費用を支払う価値はあるのではないでしょうか。 小学生とはいえ、中学受験の問題はとても難易度が高いです。 私立の場合は、国算理社ともに中学2、3年生レベルの内容を理解する必要があります。家で中学受験の勉強をする場合は、通信教育や書店のテキストを使って勉強することになりますが、わからない所を親が教えるという必要がでてきます。 国公立の場合、受験校のレベルなどにもよりますが、私立のように覚えなければならない情報は少ないのですが、思考力が必要なことが多いようです。 算数や国語などは、一般的な問題ではなく、自分で考えて解くような傾向があります。 中学受験塾なら、長年のデータや情報量で、受験対策に有効な勉強を指導してくれます。

Copyright© 2015 塾や学校で学んだことを受け流してはいけない All Rights Reserved.